YouTubeは3000アニメを無料で利用できるようにします

次のようなアニメコンテンツを制作する会社やスタジオ 東映アニメーション、講談社 一緒にチャンネルを始めました YouTube これは30社を含むことを目指しており、3.000年までに2022のアニメタイトルを提供し、月間300億回の視聴に到達します。

チャネルはによって設立された会社によって開始されました ベンジャミン・グラブス 2018で分析ログ企業のデジタル戦略に貢献し、指名された人 アニメログ ou アニログこれまでのところ、チャンネルのターゲットユーザーはローカルですが、他の国のファンが英語と中国語の字幕を利用できるようにする計画です。

チャンネルの立ち上げには、シリーズ「ブラックジャック“と”未来少年コナン“。

日本企業 角川 (出版物)および Toei Animation (アニメ制作)、既にYouTubeで自分のアニメチャンネルのコンテンツを制作していますが、力を合わせることで、個別に作業している場合よりも早く視聴者と広告収入を増やすことができるという結論に達しました。

が実施した調査 日本アニメーション協会 2019年には、業界は20年連続で過去最高の成長を遂げ、合計で10億ドルの利益を上げたと報告しています。 ストリーミングはXNUMX%増加しました。

ステートメントで 分析ログ 発音:「今日の違法ビデオ配信サービスには問題がありますが、 アニメログ ”正式に認可されたアニメーションのみを配布し、家族が一緒に楽しめる安全なチャンネルとして機能します“。

ドラゴンクエストに関する記事もご覧ください:大の大冒険アニメがキャストニュースを明らかにします

Japanese JA Portuguese PT